2017年度活動報告

防災力UPチャレンジin倉敷2017 ~楽しく学ぶ防災のこと~

場所:倉敷市立西小学校

 

 

11月12日(日)、倉敷市立西小学校の体育館及びグラウンドをお借りして、 防災力UPチャレンジin倉敷2017 ~楽しく学ぶ防災のこと~ が開催されました。本年度青少年育成事業のメイン事業として企画された事業ですが、当日は予定していた30組(30家族)近い多くの方にご参加いただき、防災・救命といった大切なテーマを題材にした様々なプログラムを体験していただきました。

午前中は体育館で「我が家の防災ルール作成」と題し、9月公開講演会でもお世話になった、日笠博元氏に講演いただいて、親子で我が家の防災ルール、防災マップづくりを行いました。また、昼食では、非常食として作られているアルファ米とカレーの組み合わせを食べて頂きました。私たちメンバーも試食してみましたが、非常食とはいえとても美味しく作られていて、クオリティの高さに驚きました。

午後からは、体育館でAED講習と非常用担架づくり、グラウンドで消防車の見学や水消火器体験、土嚢づくり体験、水風船を使った的当てゲーム、大声大会などのブースを回っていただき、スタンプラリー形式で各ブースごとに防災グッズを記念品としてお配りし、非常用避難袋を充実させていくというプログラムを行いました。

子どもたちは日頃あまり体験できないことを体験しながら、防災について考え、学び、防災が常に身近にあることを感じていただけたのではないかと思います。また、同時にそれを理解して対応力を身に付けることで安心・安全な地域、家庭づくりに貢献することに繋がったのではないかと感じています。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。