2017年度活動報告

中国地区コンファレンス2017

場所:倉敷市民会館ホール 他

 

9月9日(土)、ついに倉敷青年会議所が主管した「中国コンファレンス2017 in 倉敷」がここ倉敷の地で開催されました。大会式典は、倉敷市民会館のホールで開催され、伊東倉敷市長を始めとする多くの来賓をお招きする中、大会キーの伝達や次年度主管LOMである鳥取青年会議所のご紹介、次年度中国地区協議会会長のご紹介などをさせて頂きました。

また、並行して倉敷みらい公園では、「たからいち」が開催され、地域を代表する様々なブースを出展し、一般市民の方々に楽しんでいただく催しをご用意しました。ステージでは水道橋博士によるトークやご当地アイドルたちのライブ、よしもとの住みます芸人たちのライブなどが開催されました。倉敷青年会議所では、後日予定している「美観地区夢巡里プログラム ひやさい」のプレ事業として、備中和紙を使った水墨画体験やうちわの制作体験などを行いました。

夕方からは、中国地区協議会54LOMが集まっての大懇親会がコンベックス岡山で行われ、ぶっかけうどんやタコ飯、ごぼうやれんこんのチップスなど、ご当地を感じて頂ける食事をご用意し、その料理に舌鼓を打ちながら皆様の絆を深める場となりました。会中では、翌日に開催される中国地区球技大会の抽選会が行われ、組み合わせも決定しました。

 

25年ぶりとなった中国地区コンファレンスの主管、設営ですが、当然ながらその当時のことを知る人間もおらず、またその頃は青年会議所の姿も変わりつつあります。そんな中、佐古理事長そして松本実行委員長を中心に、LOM一丸となってこの大きな大会を無事成功に繋げることができたことは、私たち倉敷青年会議所にとって大きな財産になったと思います。この経験を活かして、今後の青年会議所活動にも邁進してまいりますので、引き続きご支援よろしくお願い致します。

 

最後に、各地遠方より倉敷にお越しいただきました、中国地区内各地会員会議所の皆様、本当にありがとうございました。