2017年度活動報告

7月定時総会例会及び特別会員・現役会員交流会

場所:倉敷国際ホテル

 

7月11日(火)、倉敷国際ホテルにて7月定時総会例会が開催されました。本例会では、前期入会新会員の研修期間終了証授与式並びに後期入会新会員の7つ道具授与式が行われました。研修期間を終えて、新たな委員会への配属先で気持ちを新たに活動を始める前期入会のメンバー、そしてこれから研修が始める後期入会のメンバー、それぞれの熱い想いを聞かせて頂き、正会員にもいい刺激をいただいたように思います。

そして定時総会では、重要案件が3つ上程され、全て承認されました。その中で最も大きな案件が2018年度理事長予定者の選定です。満場一致で承認された公益社団法人倉敷青年会議所次年度理事長は、「三木浩一朗」君です。三木次年度理事長予定者を中心に、これから次年度に向けた準備も動き出します。当然ながら本年度も残り半年残っています。本年度の事業、活動をしっかりと行いながら、次年度に向けた準備も着々と進めていきたいと思います。

 

 

 

例会終了後、同じく倉敷国際ホテルにて「特別会員・現役会員交流会」が開催されました。20名を超える倉敷青年会議所特別会員の先輩方にお越し頂き、特別会員と現役会員の交流を図りました。交流会では、今年倉敷青年会議所が主管となる中国地区協議会の中国地区コンファレンスについてのPRをすると共に、今年の委員会活動の紹介を各委員長からさせて頂き、多くの叱咤激励をいただきました。そして、先の総会で承認された2018年度理事長予定者である三木君の紹介が行われ、次年度に向けた熱い想いを語られました。こうした特別会員の先輩方との交流は年に数回しかない貴重な機会となっています。多くの経験を積まれ、この倉敷青年会議所の歴史を紡いでこられた先輩方との交流は私たち現役会員にとって、非常に学ぶことも多く、とても楽しく有意義な時間となりました。ご参加いただきました先輩方ありがとうございました。