2017年度活動報告

6月会員資質向上例会

場所:倉敷国際ホテル 桜花の間

 

6月12日(月)、倉敷国際ホテル桜花の間にて月例となる6月会員資質向上例会が開催されました。理事長の挨拶では、孔子の格言である「子曰く、吾 十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順う。七十にして心の欲する所に従いて矩を踰えず。」を引用したお話しがありました。我々青年会議所会員の多くはこの中で独立して立つ三十歳の世代になります。自分たちに与えられた立場、役割をしっかりと意識して活動に邁進し、卒業となる四十歳のときには自信が揺るがず、もう惑うことがなくなるようになりたいと改めて心に刻みました。

 

6月の会員資質向上事業は、JCI公式プログラムである「JCI Admin」を全員で受講しました。ヘッドトレーナーである天野正道先輩(松江青年会議所特別会員)にお越し頂き、セミナーを行って頂きました。JCI Adminは、新しくLOMの理事構成メンバーやリーダーを目指す人のためのLOMマネジメントプログラムです。内容は、LOMの理事会の構成、様々な問題の解決法、会議の進行、LOM計画作りについて取り扱うなど、組織マネジメントを学ぶことができるプログラムになっています。基本的にJCを題材にしたプログラムな訳ですが、その内容は企業の組織運営にも通ずるものがあり、多くの学びを得ることができました。来月には次年度理事長予定者も決定し、少しずつ来年の組織も形が見えてきます。この時期にこうしたプログラムを受けることができたのは、メンバーにとって非常にいい機会だったと思います。