倉敷JCってどんなところ?

Q1 倉敷青年会議所ってどんな団体ですか?

倉敷青年会議所は1956年の設立から62年の歴史を有し、「明るい豊かな社会」の実現を目指す情熱溢れる20歳から40歳までの青年で構成されている団体です。

わがまち「倉敷」の未来のため、主にひとづくり運動、まちづくり運動、青少年育成運動、環境運動を中心に展開し、活動を行っています。

そしてこうした活動を通じて、生涯に亘る友情を持てる仲間との出会いや自らの修練と成長を得られる団体でもあります。

 

 

Q2 どんな人が所属していますか?

20歳から40歳までの青年経済人が男女、職業関係なく所属しています。個人の意思によって入会するため、メンバーの多くは経営者、役員、管理職等ですが、会社員や政治家、個人事業主など、様々な立場の青年で構成されています。

業種としては、建設業、小売・販売業、サービス業、教育福祉業、銀行業、不動産業、士業など様々です。

この様な多種多様なメンバーがわがまち「倉敷」のために何かしたい、役に立ちたいという共通の強い意志を持ち、様々な活動を行っています。

Q3 他の団体と何が違うのですか?

決定的に違うのは、40歳を超えると現役を退かなくてはならないということです。

この年齢制限は青年会議所最大の特性であり、常に組織を若々しく保ち、果敢な行動力の源泉となっています。青年の真摯な情熱を結集し社会に貢献することを目的に組織された青年のための団体、それが青年会議所です。

青年会議所は、そもそもがその地域の一団体に留まらず、世界に通じている団体であり、民間団体としては唯一国際連合のマークを使うことが許された団体でもあります。

一地域から世界へ発信できる、多くの可能性を秘めた団体なのです。

Q4 どんなことをしていますか?

倉敷青年会議所は、公益社団法人としてわがまち「倉敷」のために活動する団体です。

倉敷を明るい豊かな社会にするため、地域の人々に多くの学びや気づきの場を提供する「ひとづくり事業」

子どもたちの未来のために行う「青少年育成事業」

倉敷の魅力をさらに高め発信する「まちづくり事業」

安全で持続可能な社会を目指す「環境防災事業」

その他その年の理事長所信に基づき各種委員会が組織され、社会貢献活動を行っています。

Q5 どんなことが得られますか?

倉敷青年会議所では理事長をトップに各種委員会が組織され、メンバーそれぞれに役職が与えられます。この任期は1年と決められており、所属している間に様々な役職を経験することで豊富な実践経験を積むことができ、その経験を個々の活動にフィードバックさせていくことができます。

青年会議所で経験できるフィールドは幅広く、卒業生の多くが様々な分野の第一線で活躍しているのもこの経験が大きいと言えます。

倉敷青年会議所は社会奉仕団体ですが、そこに集ったメンバーは皆同じ志を持った仲間です。

様々な社会奉仕活動に対して悩み、苦しみ、楽しみながら議論を重ね共に汗を流すことで、その先に大きな感動と喜びが生まれ、メンバー同士の本当の友情が芽生えます。

このかけがえのない仲間との友情と自己の成長が得られるのが倉敷青年会議所です。