活動紹介

青少年育成事業

◇2016年度

○集まれ!どろんこキッズ2016〜Kurashiki Mud Athletics〜

日程:2016年6月26日(日)
場所:倉敷市新田 耕田
担当:心豊かな青少年育成委員会(委員長 岡田 直樹)

2016年の青少年育成事業は、倉敷市新田の田んぼで恒例のどろんこ事業を開催しました。ターザンロープ、ジャンボ滑り台、ブランコ、ロープ遊具などを田んぼの中に設置し、多くの子どもが田んぼの中で精一杯遊んでくれました。普段立ち入ることがほとんどない田んぼの中で思い切り遊んで自然に触れ合ってもらうことにより、自然をより身近なものに感じていただくことができました。また、大型の遊具では少し怖がりながらも子ども達自らが積極的にチャレンジする姿が多くみられ、友達を励まし勇気づけ挑戦を促す場面もあり、チャレンジする精神、友達間の繋がりの再確認ができました。


◇2015年度

○科学体験事業サイエンスマックス〜集まれ!未来の科学者たち〜

日程:2015年12月5日(土)
場所:倉敷芸術科学大学
担当:子どもの生きぬく力育成委員会(委員長 河口 耕一)

ECO実験パフォーマー:らんま先生(石渡 学 氏)をお招きし、環境科学や科学技術に関する実験を交えた楽しい講演をして頂きました。講演会場の外では、様々な科学実験ブースを設けて、参加してくれた子ども達に各ブースを回っては実験を楽しんでもらいました。そして後半には、会場の天井いっぱいに蛍光塗料で描いた絵を張りブラックライトで照らした「クラネタリウム」を楽しんで貰いました。科学の面白さや『なぜ・どうして』といった不思議を実感していただき、現実世界への興味、関心、意欲の向上を計ると同時に、自然の大切さや感謝への気持ちを育んで頂く機会となりました。


○どろんこ大運動会2015〜集まれ!藤戸Mud Max〜

日程:2015年5月17日(日)
場所:倉敷市藤戸町 耕田
担当:子どもの生きぬく力育成委員会(委員長 河口 耕一)

2015年も好評のどろんこ事業を開催しました。紅組と白組に別れ、どろいれ競争満たせ!愛のタライ、どろんこ綱引き自らに引け、障害物競争「YAOYOROZU MuD MaX 」、玉取り競争 平成藤戸大合戦、と様々な競技が行われ、最後にジャンボバトンリレー 繋げ!明日へのバトンが開催され、参加して頂いた子供たちとスタッフ全員、泥まみれになって楽しいひと時を過ごしました。日頃泥まみれになる機会が少ない子供たちにとって貴重な体験となり、歓声や笑顔が溢れ、みんな積極的に色々な協議に参加し、友達と協力して一生懸命、泥の中を走りまわってくれました。


◇2014年度

○お仕事体験プログラム〜くらしごと2014〜

日程:2014年10月4日(土)
場所:酒津公園
担当:青少年育成委員会(委員長 関川 英樹)

『お仕事体験プログラムくらしごと2014』を倉敷市酒津公園で開催致しました。通常体験15ブースと乗り物体験を3ブース、サッカーブースの全19ブースで職業体験を行いました。消防車、建設機械と普段乗ることのできない乗り物に乗れ子供達にも大変喜んで頂けました。倉敷市内での仕事体験を通じて、地元を支える人々達の生き方を学び、参加して頂いている子ども達それぞれの将来について考える力を育むきっかけとなりました。参加して頂いた子供たちは、様々な職業を体験した印にお仕事体験スタンプ帳にスタンプを押し、笑顔いっぱいでした。


◇2013年度

○どろんこ農業体験〜田んぼへGO!!〜

日程:【どろんこ・田植え】2013年5月25日(土)
   【田んぼの管理運営】2013年6月〜10月
   【稲刈り・収穫祭】 2013年10月19日(土)
場所:倉敷市新田 耕田
担当:青少年育成委員会(委員長 桑田 裕男)

どろんこ農業体験〜田んぼへGO!!〜では、まずは稲の植えつけ作業を体験してもらいました。そして、続いてはお待ちかねのどろんこ体験です。最初は田んぼのどろに戸惑っていた子どもたちもいましたが、最後にはどろんこになって遊んでくれました。続いて、夏にはかかしデザインコンテストを開催し、多くの素晴らしいかかしのデザインを応募して頂きました。秋には収穫祭が開催され、大きく実った稲穂の刈り取りが行われ、収穫したお米でおにぎりを作ってみんなで美味しく頂きました。その後、かかしデザインコンテストの記念品授与式が行われ、どろんこ農業体験はフィナーレを迎えました。

 

◇2012年度

○どろん子大集合!田んぼで遊ぼう2012『ザ・マッド・チャレンジ』

日程:2012年6月30日(土)
場所:倉敷市新田 耕田
担当:青少年育成委員会(委員長 杉田 篤)

「どろん子大集合!田んぼで遊ぼう2012『ザ・マッド・チャレンジ』」が開催されました。当日は、大雨という大変な天気でしたが、多くの皆様にご参加して頂き、子供たちの素晴らしい笑顔と笑い声で、悪天候にも負けない素晴らしい事業となりました。日頃、どろんこで遊ぶ機会が少ない子供たちは、田んぼの中で滑り台をしたり、走り回ったり、タイヤを飛んだりと、限られたひと時を満喫していました。マッドフライングマンは特に大人気で順番を待つ子供たちの笑顔と笑い声が絶えませんでした。