2018 岡山JC野球部交流戦

date 2018-04-09


この日は昼も日差しが弱く、風も心なしか春っぽくない冷たい風が吹き春の浮ついた雰囲気も無く、この日の激闘を前に球場全体が緊張に包まれる、ということは無く恒例の交流戦でお互い和やかな雰囲気で戦いははじまりました。青木理事長と三木理事長による両理事長の熱投で戦いの口火を切り、互いに打ち合う打撃戦。倉敷の守備はファーストやレフトのコインが飛び出すエラーが連発したかと思えば、元プロ野球選手のライナー性のあたりをレフト榊原がまさかのナイスキャッチ、これにはしっかり歯を見せ笑顔で応えます。他にも三木理事長の猛打賞や新入部員の攻守にわたった活躍、ピッチャー熊本の好投、守屋への継投、守備の采配が冴えわたった岡田監督、いい所が沢山でた試合内容となり、結果は6-5で勝利、昨年のブロック大会決勝での雪辱を果たしました。 再戦はまた、今年のブロック大会決勝であいまみえる事となるようにお互いの健闘を讃え合い試合終了、その後の懇親会ではさらなる親睦と友情を深め合いました。 岡山JCの皆様も遠い所を多数の皆様でご参加頂きましてありがとうございました。お疲れ様でした。 応援に駆けつけて下さった皆様、ありがとうございました。4月28日の本番も多数の皆様の声援をよろしくお願いします、皆様の応援が励みになり力となります!