真備・総社地区豪雨災害支援活動②

date 2018-07-09


この度の西日本豪雨では、倉敷の真備地区を中心とした多くの地域で未曾有の被害をもたらしました。そして、多くの方が被災され、被災者は避難所での生活を余儀なくされています。
 そうした方々の為に少しでも力になれることがあるのではないかと、誰もがその思いを抱えていつつも個人支援の受け入れ先が無い為、やきもきされているのではないでしょうか。

現在我々、倉敷青年会議所は総社青年会議所や自治体と連携をとり支援活動に従事しております。そこでは、皆様の温かい好意や支援が、必要としている方々に行き渡る様に出来る限りの事をさせて頂いております。
しかしながら、被災された皆様に十分な支援が行き届いていないのもまた現実です。
それは物資であり、人手であり、環境改善に至るまで様々なものがあります。それらを必要に応じ、また必要になるであろうものを準備し支援して参りたいと思いますので、皆様からのご支援ご協力を賜りたいと思います。一日も早い復旧を目指して、何卒よろしくお願い申し上げます。